DPCについて

DPC(診断群分類包括評価)について

当院は、平成30年4月1日より
“ 厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法 ” の告示により
“ DPC(診断群分類別包括評価)” 対象病院となりました。

DPC(診断群分類別包括評価)とは

DPC (診断群分類別包括評価) とは、「医師の診断(Diagnosis)」+「診療行為(Procedure)」+「組合せ(Combination)」の略で、
「診断病名」と「医療サービス」との組み合わせの分類をもとに1日当たりの包括診療部分の医療費が決められる計算方式です。
従来の診療行為ごとに料金を計算する“出来高払い”方式とは異なり、入院される患者さまの病名と症状・治療行為をもとに、厚生労働省が定めた診断群分類点数に基づいて、
1日あたりの医療費からなる包括評価部分(投薬・注射・処置・入院基本料など)と出来高評価部分(手術、麻酔、リハビリ、指導料など)を組み合わせて医療費を計算する定額払いの会計方式です。

入院費の計算方法について

患者さまがこの計算方式の対象となるかどうかは傷病名や診療内容によって異なるため、
厚生労働省の基準に基づき主治医が判断いたします。(下図)

従来の計算方式
出来高計算方式

入院基本料
検 査 投 薬
注 射 レントゲン
手 術 リハビリ
麻 酔 指導 他

新しい計算方式
DPC計算方式

1日辺りの
入院費用 × 日数
検査料、レントゲン、
注射料、投薬料などを
含みます
手 術 リハビリ
麻 酔 指導 他

回復期リハビリテーション病棟の入院費の計算方法は従来通りです。
高額療養費や公費医療の取り扱いは、変更はありません。

村田病院の目標は「脳卒中の総合診療」であり「患者さまが満足していただける良質で安全な医療」です。