スタッフブログ一覧

2018
4.25

村田病院お花見会

こんにちは。

リハビリテーション部作業療法士の下村幸恵です。

 

今月13日にお花見会が開かれました。

入院中の患者さんやご家族を含め約40人が参加され、とても盛り上がりました。

 

はなみ4

 

司会の挨拶の後、最初は患者さん同士で紅白チームに分かれてゲームをしました。

一つ目はその名も「桜貼りゲーム」です。

木の絵が描いてある大きな板に桜の花びらを貼り付けていき、花びらの多さやきれいさを競うゲームです。

皆さん身を乗り出して花びらを貼って下さいました。この時期にはもう外の桜は散ってしまっていましたが、村田病院では2本の大きな桜が咲きました。

 

はなみ3_LI

はなみ5

 

二つ目はその名も「紙落としゲーム」です。

長い紐にかけてある紙をうちわであおいでたくさん落としたチームが勝ち!というゲームになります。小さなうちわですが、皆さん頑張ってあおいで下さって盛り上がりました。

はなみ_LI

 

そして、最後はスペシャルゲストが登場しミニライブが行われました!

スペシャルゲストとは…それは…院長扮する「谷村新司(もどき)」さんです!

患者さんやご家族、職員みんなでお花見会らしく「朧月夜」や「春が来た」などの春の歌や「昴」を歌いました。会場全体が一体感があり、とても気持ちよく歌うことができました。私は自分の担当する患者さんが楽しそうに歌っている姿を見て意外な一面を知ることができて嬉しかったです。

はなみ2_LI

 

 

ミニライブの最後は院長が作詞作曲をした「魔法の道」で締めくくられました。私は昨年、産休育休でお休みを頂いていたので、この歌を初めて聴くことができました。みんなで一丸となって病院を盛り上げていこうという気持ちが伝わる素敵な詞でした。曲調もゆっくりのテンポで聴きやすく感動しました。皆さんもぜひ、一度聴かれてみてくださいね。

 

今年度も患者さんの楽しみの一環として、病院全体で取り組む年間行事を開催できればと考えています。

村田病院の目標は「脳卒中の総合診療」であり「患者さまが満足していただける良質で安全な医療」です。