スタッフブログ一覧

村田病院 スタッフブログ
2017
11.20

リハビリテーションの治療をご紹介します part2

こんにちは!!

リハビリテーション部理学療法士の石原です!

 

今回は、当院で反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)と上肢機能訓練を併用した方の治療成果をご紹介したいと思います。

 

 

rTMSの内容や説明については、2017.6.27のブログ http://muratahospital.jp/staffblog/%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%83%93%e3%83%aa%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%82%92%e3%81%94%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81%ef%bc%81/をご参照下さい!

 

 

今回、入院された方は、脳卒中を発症され10年以上経過された方です。

入院時は、左手の麻痺により、お茶碗を口元まで運ぶことが出来ず、指先の運動がぎこちない状態でした。

 

 

rTMSと上肢機能訓練を2週間実施した結果、麻痺した手を使い、口元までお茶碗を運べるようになり、指先の運動もスムーズになりました。

 

そして何より、元々プロのマジシャンだったこの方は、入院前はトランプの操作が難しかったとのことですが、リハビリ後はトランプのちょっとした操作も可能となりました!!

 

入院最終日には、入院患者さんと当院スタッフを対象に、マジックショーをしていただきました!

 

 

その時の様子がこちら!!

マジシャン1

 

麻痺した左手を使用されています!(ご本人様には写真掲載の許可を頂いております)

Inkedマジシャン2_LI

 

本日は、「リハビリテーションの治療をご紹介します part2」ということで、rTMSと上肢機能訓練の成果を紹介させて頂きました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

村田病院の目標は「脳卒中の総合診療」であり「患者さまが満足していただける良質で安全な医療」です。