先輩看護師のこえ

先輩看護師のこえ

ママさん看護師

新入職員看護師

ママさん看護師
回復期病棟・オペ室担当
Q
産休・育休制度について
A
当院は、産休・育休制度が充実しているのでママさんナースが多く働いています。私自身も3人の子供がおり産休・育休制度を利用させていただき、その際に上の子供たちとの時間を多く持てたことも本当に貴重な時間でした。
Q
託児所について
A
病院のすぐ前に託児所があることで、休日や夜間も子供を保育してもらえることや、発熱時などにすぐに駆け付けることができるため安心して働くことができます。
託児所の先生方もとても優しく、一日の子供の様子をお帳面に記載していただきやり取りをしています。子供たちも、友達同士で仲良くしたり、時には兄弟のような関係で過ごし、託児所に行くことを楽しんでいるようです。
Q
周囲の理解はどうですか?
A
院内では、小さな子供をもつママさんナースが多いこともあり、育児への理解も深く、とても働きやすい恵まれた環境だと思います。
子供たちも、働くママを見てきているため、緊急手術時などは「ママ、頑張ってね」と言って送り出してくれます。職場のスタッフ、主人や両親、そして子供たちに協力してもらい、私は大好きな仕事を思いっきりさせていただき幸せに感じています。
Q
脳神経外科の看護師としてのやりがいは?
A
一人一人が考える力を持っており、意見を常にかわしながら情報共有が行え、統一した看護ケアが行えています。また、明るく温かみのある雰囲気があり、協調性のある働きやすい病院だと思います。
Q
脳神経外科の看護師としてママさん看護師として のやりがいは?
A
当院は、一般急性期病棟、回復期病棟があり病院完結型といった特色をもっています。そのため、一人の患者様が社会復帰されるまでじっくり関わることができます。
患者様は、脳血管障害の方が大半を占めており、症状や重症度、手術の必要性、予後なども様々です。そのために看護は、型にはまったマニュアル通りに行かないことも多く、患者様一人一人に合わせたオーダーメイドな看護計画を立てて実践していく必要があります。その結果、覚醒状態が変化したり、ADLが改善したりすることを身をもって実感することができます。発症時に生命の危機にあった患者様が回復していく姿を間近で看ることができることは脳神経外科ナースとしての大きな魅力として感じています。
緊急手術等では、子供たちを安心して預けられる環境があり、医師と共同で患者様の救命に携わることができ、そして患者様が回復し社会復帰されることを目の当たりにすることで、より一層のやりがいを感じています。

村田病院の目標は「脳卒中の総合診療」であり「患者さまが満足していただける良質で安全な医療」です。