脳の病気と治療

脳の病気と治療

脳の病気について

脳卒中(脳血管障害)

脳卒中が非常に恐ろしい病気であることはご存知であると思いますが、病気のメカニズムやどのような症状があらわれるかなど、なかなか一般の方には難しい部分もあると思います。それは、この病気がとてもバリエーションが多いために一言で説明しきれないためですが、出来るだけ簡潔にまとめてみます。

 

<病気の仕組み>
脳に酸素や栄養を送っている“血管”がトラブルを起こします。 血管が詰まってしまうと…脳梗塞(脳血栓症、脳塞栓症)、血管が破れると…脳出血(くも膜下出血、高血圧性脳内出血)を発症します。

 

<脳卒中の症状>

〜 頭痛・嘔吐 〜
特に突然頭を殴られたような激しい痛み(雷鳴痛)とともに嘔吐したときには、脳卒中による頭痛の可能性が高くなります。

〜 片麻痺 〜
身体の右あるいは左半分がしびれる、または力が入りにくいというのが典型的な脳梗塞の症状です。もっと軽い物では、片方の手や指だけがしびれるという事があります。

〜 呂律困難 〜
しゃべり方がおかしくなる状態で、ちょうどお酒を飲んで舌がまわっていないような話し方になります。

〜 失 語 〜
話し方そのものは正常であるのに言葉の出だしがつまる。言葉がなかなか出てこない、言葉は出るが話が通じないなどの症状です。

〜 複 視 〜
ものがだぶって見えてしまうことで、ピントが合わないということではなくて一つの物が二つに見えるという症状をいいます。

〜 めまい 〜
めまいには、地面や天井が揺れるものや身体のバランスが取れないものなどがあります。めまいは脳以外に原因があることも多く診断が難しいのですが、突然のめまいに顔や手足の麻痺を伴う場合には注意が必要です。

〜 意識障害 〜
最も重い症状です。呼びかけに対して反応しない、変ないびきをかく、ひきつけを起しているなどの場合は、脳卒中の可能性があります。
特にお酒を飲んでいるときは、アルコールのせいであるのか脳卒中であるのかわからないことがあり、家族や周囲の人だけで判断せず、病院に連絡して下さい。

 

<脳卒中になりやすい人>

〜 高血圧 〜
脳梗塞、脳出血を問わず、脳卒中と高血圧は極めて深い関係にあります。高血圧を治療せず放置している場合、あるいは長く高血圧にかかっている場合などは特にリスクが高くなります。

〜 糖尿病 〜
血糖値が正常より高くなる病気で、尿の中に糖分が混じることからこの病名がついています。血液がドロドロになり、血管を少しずつ傷つけるので、脳卒中のリスクが高まります。

〜 高脂血症 〜
血中の脂質いわゆるコレステロールのバランスが悪くなる状態をいいます。症状は無く、検査して初めてわかることが多いのですが、血液中の重い脂肪分が血管壁に油汚れとして沈着し、動脈硬化を進めます。

〜 肥 満 〜
肥満は、血液の循環を悪くし、心臓や腎臓に負担がかかり続けることから、動脈硬化の原因になるため、過度の肥満は脳卒中のリスクになります。

〜 飲 酒 〜
適量の飲酒は脂質のバランスを改善しますが、多量のアルコールは肝臓や膵臓の障害、心臓疾患を引き起こすため、脳卒中のリスクを増加させます。適量のアルコールとは、ビール大瓶1本、日本酒1合、洋酒ダブルで1杯とされます。

〜 ストレス 〜
ストレスの科学的な研究はまだ始まったばかりで、脳卒中との関連性は明らかではありませんが、脳卒中がいわゆる”過労死”の原因とされる場合があり、注意が必要です。

〜 脳卒中家系 〜
脳卒中そのものは直接遺伝していく病気ではありません。しかし、高血圧や糖尿病は遺伝すること、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤には遺伝するものがあることから、”脳卒中になりやすい家系”は存在すると言えるでしょう。

 

<脳卒中の予防 >
脳卒中になりにくい身体を作る事が大切です。 40歳になれば、血圧測定、体重管理、血糖やコレステロール値の検査(採血)を定期的に行うようにしましょう。また、適度な運動を心がけ、禁煙と適量の飲酒、過度のストレスを避けるようにしましょう。

村田病院の目標は「脳卒中の総合診療」であり「患者さまが満足していただける良質で安全な医療」です。